投資

米国株HMY(ハーモニーゴールド)をマネックス証券のNISA口座で購入 

米国株投資のイメージのイラストとタイトル
はるもえ
はるもえ
会社員を早く卒業したくて米国株をはじめて購入しました。

 

米国株にたどり着いく

 

日本株より成長率が大きいため米国株を買うことに決めました。

ネットで検索すれば、米国株投資のほうが断然良いのがすぐにわかります。

参考のひとつとして⇒マネックス証券の記事

そして米国株の配当はたいがい年4回。

 

非課税制度は使うべき

 

投資に対する課税は20.315%これは大きい。非課税制度は使える限り使おう。

いろいろと調べた結果、NISAをすることに。

検討した過程は⇒コチラ

米国株をNISAで購入しました。

 

コロナ禍で不安定なのでHMYを購入

 

不況や不安定な世の中では、ゆるぎない資産として金が買われます。

金のETFなら買えるかなと調べてみると、もうすっかり高値。

はるもえ
はるもえ
出遅れた感でいっぱい。

 

そしてネット検索していると、またもや素敵な記事に出会いました。

はるもえ
はるもえ
なるほど。金鉱株か。

 

いくつかの金鉱株を比べた結果、伸びしろがありそうなハーモニーゴールドを購入しました。

HMY購入画面HMY購入画面

 

HMYを2300株(4.77USドル)で購入。

はるもえ
はるもえ
上がりますように!

本屋で立ち読みしていたこの本も参考になりました。

購入時点が取っ手付きカップの買いタイミングだと思いHMY購入。

後日、この書籍を購入し何度も読み返しています。

米国株を調べて知ったこと

 

課税

 

米国株を購入すると、日本(20.315%)とアメリカ(10%)で二重に課税されます。

売却益にはアメリカは課税されません。

確定申告でアメリカでの課税分を還元できますが、全額ではなく所得に応じた割合になります。

 

 

ADR

 

ADR・・・米国証券市場において外国企業のADRを上場することで、当該企業の株式取引と同様の取引ができる証券。

参照:Wikipedia

 

ADRはアメリカの税はかからないですが、当該株式の発行の母国で税金がかかります。

ちなみにイギリスは税金がかかりません。

そのため、ユニリーバ(UL)も購入を検討していました。

 

現地取引費用 SEC Fee

 

売却時に、約定代金1米ドルにつき、0.0000221米ドル費用が発生。

 

マネックス証券と楽天証券を比較

 

はるもえ
はるもえ
遠い昔、楽天証券で初めて口座を開きました。

 

はるもえ
はるもえ
ちょっと遠い昔、米国株取扱数が最大とのことでマネックス証券にも口座を開設。

 

マネックス証券に入金し 、USドルに換金していました。

アメリカは好景気でどれに投資して良いのか、勉強不足でわからず、そのまま放置。

コロナで不安定になったので、初めて参戦しました。

ネット画面の比較

 

楽天証券の方が断然見やすい。

マネックス証券は米国株のサイトを開くにもひと手間かかり、そのうえ米国株と米国株NISA の入り口が二つに分かれているのでとても使い勝手が悪い。

 

チャートの比較

 

米国株チャートはリアルタイムでマネックスは更新され、楽天証券は15分遅れで表示されます。

楽天証券で米国株チャートをリアルタイムにするには有料。

 

サポートの比較

 

米国株初心者の私にはわからないこと、聞きたいことがいっぱい。

マネックス証券の方がとても丁寧でした。

ADRのことを知り、購入予定株の税率を知りたくてマネックス証券と楽天証券に同時にメールで下記の質問しました。

米国株UN、AUの購入を検討しています。
配当源泉税率と管理費用を教えてください。

 

両社とも翌日に返事あり。

マネックス証券:それぞれの税率と回答を頂きました。

楽天証券:税率についてはこちらのURLを見てくださいと回答を頂きました。

URLをみにいくと、税率が違いますよということだけで国別の税率は結局わからないままでした。

はるもえ
はるもえ
これはもしや、無限ループ?!

 

マネックス証券で購入することに決定。

米国株の購入時に電話で質問したのですが、初心者にも分かりやすく説明してもらえ好感が持てました。

またね。

 

追記 HMYを思っていた以上にはやく売却することに

 

翌週には売却することになりました。

詳細⇒コチラ