美の土台

腸活に良い発酵玉ねぎ

豆腐にのせた発酵玉葱

発酵食品が免疫にもお肌にも良く、もしかすると関節リウマチの原因は腸かもと思い、最近取り入れるようにしています。

納豆は苦手ですが、発酵食品なので克服?し食べるように。キムチと混ぜると食べやすいです。

いろんな種類のものを取り入れた方がいいかなと、今回は発酵玉ねぎに挑戦しました。

 

発酵玉ねぎの材料

 

玉ねぎ・・・400g

塩・・・12g(玉ねぎの3%)

水・・・1/2カップ

 

発酵玉ねぎの作り方

 

1.玉ねぎをみじん切りにする。

2.ジッパー付き袋に入れて塩を加えて揉む。

3.水を加えまわし空気を抜いて袋を閉じる。

4.涼しいところに置く。春夏は1~3日、冬は6日ほどで発行します。その後は冷蔵庫で保存。

発酵前の玉葱発酵前の玉葱

 

発酵した玉ねぎ

 

連日30度を超え、3日後のタマネギ。

発酵したタマネギ発酵したタマネギ

 

ほんのり全体が黄色くなっています。食べてみると玉ねぎの辛味が柔らかく、塩味で優しい味になっていました。

 

発酵玉ねぎのアレンジ

 

ドレッシングやハンバーグに使えるそうです。

 

まずは豆腐にのせてみました。

 

 

豆腐にのせた発酵玉葱豆腐にのせた発酵玉葱

 

醤油をかけて、美味しくいただきました。

 

ドレッシングと一緒に

 

ごまドレッシングと一緒にサラダにかけていただきました。

サラダにかけた発酵玉葱サラダにかけた発酵玉葱

 

タマネギ独特の辛味が強くないので食べやすい。

 

またね。