ミニマリスト

新型コロナ対策に小松菜をリボベジ(野菜再生)

小松菜の切れ端

新型コロナ対策で外出を控えています。

食材の買い物はネットスーパーを利用していますが、宅配後しばらくすると新鮮なものはどんどん減ってなくなります。

京都市のシティリビングを読んでいるとリボベジという記事を見つけました。
なんと、使った野菜の切れ端を再生させる(リボーンベジタブル)方法の紹介でした。

使った野菜のすてる部分(ヘタ)を水耕栽培し、またたべられるとあります。

はるもえ
はるもえ
新鮮な野菜を食べたいので、さっそく小松菜で試してみました。


4月17日に食べた小松菜の切れ端を水につける。

小松菜リボベジ1日目(4月17日)

 

小松菜の切れ端小松菜の切れ端

 

 

はるもえ
はるもえ
綺麗な切り口。

すてる部分が食べられるようになるのかな。

 

小松菜を入れた浅めの陶器小松菜を入れた浅めの陶器

 

リボベジを浅めの陶器へ入れました。

 

小松菜リボベジ2日目(4月18日)

 

1日経過しただけでこの成長。

はるもえ
はるもえ
あ、真ん中にネギも仲間入りさせました。

 

2日目の小松菜リボベジ2日目の小松菜リボベジ

 

水耕栽培って成長はやいんですね。そういえば豆苗もすくすく育ったなあ。

小松菜が再生するのを知り、豆苗をダメもとで再々生させてみました。なんと!すくすく育ってます。3度たべられます。

再再生の豆苗再再生の豆苗

 

 

小松菜リボベジ6日目(4月22日)

 

小松菜が思っていた以上に良く育つので、ネギは別のところへ移しました。

5日目のリボベジ小松菜6日目のリボベジ小松菜

 

恐るべし、生命力。包丁でカットした名残りがいたいたしい。

コロナで買い物を控えていると生鮮食品が不足しがち。

リボベジで栄養をすこしはおぎなえそうなので、収穫まではまだまだ先のようですが皆が小松菜を食べているうちに記事をあげました。

またね。

小松菜のリボベジ(野菜再生)の続きへ>>>