自己投資

スマホをあまり使わない人がモバイルバッテリーを買うならGS POWER

GS POWERのLEDライト点灯
はるもえ
はるもえ
人生で初めて、スマホ用にモバイルバッテリーを買ったよ。
TARO
TARO
今まで持ってなかったのっ! 
はるもえ
はるもえ
動画とか見ないからね。
TARO
TARO
で、どれにしたの?

 

パナソニックのGS POWERに

 

届いたGS POWER届いたGS POWER

 

モバイルバッテリーとは?

 

モバイルバッテリーとは、iPhoneなどのスマホやiPadなどのタブレット、モバイルWi-FiルーターやノートPC、任天堂スイッチなどの携帯ゲーム機、加熱式タバコ等の充電に利用できる、予備電源(携帯充電器)のことです。

通勤通学の外出時や旅行・出張の際に持ち歩くスマホアクセサリーの必需品とも言えるアイテムです。

元々モバイルバッテリーは、繰り返し使える電池である二次電池(にじでんち)を利用した一種のこと。
二次電池は、蓄電池や充電式電池とも言われ、1度だけでなく繰り返し充電を行うことで電気を蓄えることができます。

二次電池は多くの携帯電話やスマホ・タブレット、ノートPCやモバイルルーターといったモバイル機器に内蔵電池として活用されていますが、iPhoneをはじめとするモバイルガジェットが急速に普及したことから内蔵電池だけだと不足する電池を補う役割としてニーズが高まっていきました。

特に日本は地震・台風・大雨等の自然災害が多い為、万が一の際にライフラインでもあるスマホの電池が切れることを防ぐ目的で災害対策として求める人が多いのも特徴です。

出典:APPBANK Store

 

GS POWERのスペック

 

スマホを約2回充電可能とのこと。

スポンサーリンク

実際に使ってみて、スマホの電池残量が34%を100%にするのに約1時間40分かかりました。

モバイルバッテリーGS POWER自体を充電するには約2時間20分必要でした。

 

モバイルバッテリーを選ぶ基準

 

①軽量さ

②安さ

 

①軽量さ

持ち運ぶのにかさばったり、重いのは億劫。

コンパクトにカバンに入ってほしい。

GS POWERなら重さ125g。

iPhoneシリーズで軽めのiPhone 8で148gです。

GS POWERと一般的カードを並べ大きさを比較GS POWERと一般的カードを並べ大きさを比較

 

大きさも女性の手のひらに収まるサイズ。

 

②安さ

 

モバイルバッテリーを毎日持ち歩くほどのスマホヘビーユーザーではありません。

写真をよく撮ったり、SNS投稿を頻繁にしそうなイベント的な日のみ必要です。

なので、安いので十分。

コンビニなどでもモバイルバッテリーは売っていますが、電池なので発火などがあったら怖いなと思い、パナソニック製のものにしました。

お値段はなんと1000円(税込)!

私は楽天ポイントで買えました。

スマホ充電器レンタルの”CHARGE SPOT”では1時間で150円(税抜き)、48時間以内なら300円(税抜き)となります。

GS POWERは蓄電可能回数は約500回とのこと。

1000円(税込み)なら買っても良いなとなりました。

 

GS POWERのデメリット

 

GS POWERの付属品 micro USBケーブルGS POWERの付属品 micro USBケーブル

 

GS POWERの付属品はmicro USBケーブルのみ。

iPhoneを使っている人は、iPhoneを購入した際のライトニングケーブルを使うか、別売りのライトニングケーブルを購入する必要があります。

 

GS POWERのメリット

 

残量表示ランプ

 

残量表示ランプが点灯しているGS POWER残量表示ランプが点灯しているGS POWER

 

GS POWERには残量表示ランプがあるので、充電し忘れを防げます。

 

LEDフラッシュライト搭載

 

GS POWERのLEDライト点灯GS POWERのLEDフラッシュライト点灯

 

電源ボタンを長押しすれば、LEDフラッシュライトが点灯。

災害時にはライトとしても使えます。

購入から3か月間保証つき

ネットで購入すると不安なのは、初期不良。

保証がついているので安心して買えました。

またね。

 

 

 

 

カテゴリー