株式投資

利益少なくても安定重視の人向け2022年NISAおすすめ銘柄

株式投資を妄想するだけでも楽しい”はるもえ”@harumoe1106です。

おすすめ銘柄に選んだのは、日本製鉄(5401)・山口フィナンシャルグループ(8418)です。

選別方法

配当利回りの高いものから選ぶ。

松井証券のスクリーニングツールを使って配当銘柄の高い順に絞り込んでみました。
公式サイト>>>>>松井証券

松井証券のツールは無料で下記のような設定でスクリーニングできます。
配当利回り3%以上で検索しました。

配当利回りで絞り込む画面配当利回りで絞り込む画面

 

配当利回りの高い順に並び替える。
表示項目は時価総額からにする。

配当利回り高い順に並べ替え 配当利回り高い順に並べ替え

 

銘柄検索や絞り込みにはホント、松井証券のツールはよく利用します。まだ開設してない人はコチラ↓の記事も参考にしてください。

記事タイトルをイメージしたイラスト
松井証券の特徴・口座開設方法ども、”はるもえ”@harumoe1106です。 おすすめ証券口座って何?って人は⇒コチラをクリック。 *2...
はるもえ
はるもえ
画面が見づらいけど、便利。

PER がすでに10倍を超えているいるものは除外する。

配当利回りは高い方が嬉しいけれど、実際の株価が下がってしまっては元も子もないので割安のものに絞り込む。

配当利回りが8%越えの商船三井のような海運株を除外しました。事業内容を理解できていないので、コロナ収束後はどうなるのか分からないので避けることに。

時価総額1000億円未満も除外

安定重視のため時価総額1,000億円未満は候補から外しました。

 

日本製鉄(5401)

日本製鉄はコロナ第一波の頃に売上が下がっているのは中国の影響があるからと理解しました。

そして中国の経済回復とともに売上がもどっています。ワクチンや経口薬で徐々にコロナ収束に向かうと予想し、利益少なめでも安定している。

2022年1月8日現在の株価は2,022円、配当利回り6.18%

山口フィナンシャルグループ(8418)

山口フィナンシャルグループは売り上げがコロナ以前に売り上げが落ちることもありました。ここ2、3年は回復基調にあり、また業種的にはコロナに大きく影響を受けないと思われます。

大きな株価の高騰はないでしょうが安定しているので、少しずつ買い増していくに相応しい銘柄と思い候補にあげました。 

三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)より配当利回りは低いです。

はるもえ
はるもえ
山口フィナンシャルグループ(8418)は最低購入株数の100株で、500円のクオカードの株主優待があります。

2022年1月8日現在の株価は713円、配当利回り3.92%⇒配当利回り+株主優待(500/71300×100≒0.7%)=4.62%

実質の利回りは三菱UFJフィナンシャルグループより高く、PERも低い(割安)ので山口フィナンシャルグループを選びました。

安定重視の母に勧めてみます。
またね。

晴耕雨読 - にほんブログ村


にほんブログ村 投資ブログへ