無駄はキライ

登山する時に雨対策としてワークマンのジャケットを購入。

jacket

ゴアテックスほどの高額・高機能のものはいらない。

建設業、運送業、飲食業などの仕事をする人達の御用達、ある程度の機能があるのにお手頃価格のワークマンへ初来店。

ワークマンはどの店舗も、駅近などの便利な所にはないですが、ほしかった防水機能の高いウェア(上下で4,900円税込み)を購入でき大満足です。

ワークマンはこんな人におすすめ。

ナン万円もするゴアテックスを買うほどのアウトドア派ではない。

晴れ女(男)。天候に自信あるが、保険として必要と思う。

rain pantsちなみに下のパンツはこちらになります。

 

ワークマンのジャケットに付いていた耐水圧って何?

jacketワークマンで購入した防水ジャケット。ゴアテックスほどの高性能はいらない人にピッタリ。

 

JIS規格によるもの。

水の滲みやすさを表しています。

生地の上に1cm四方の柱の中に10,000mm(10m)の水を注いでも、滲みない。

小雨で300mm。大雨で10,000mm。

傘の耐水圧で250mmくらいです。

傘から水が滲みるってあるかな?

はるもえ
はるもえ
アレ?私まだ、大雨にあったことないのかしら。

レインウェアで5,000mm、スキー・ゴルフウェアで10,000mm、登山ウェアで20,000mm。

う、登山には不安ありですね。

透湿度とは?

こちらもJIS規格によるものです。

蒸れにくさを数値化しています。

生地1m四方あたり、24時間で何gの水を外へ出したかを表示しています。

大人が安静にしている状態で1時間あたり50g発汗しています。

軽いランニングなら1時間で約500gといわれています。

購入したジャケットは8,000g。軽い登山なら大丈夫そうですね。

*耐水圧・透湿度どちらも洗濯や摩擦で、購入時からは劣化します。

あとから知ったのですが、インターネットでも購入できるんですね。

まったく同じ商品ではないですがご参考にして下さい。


話題のイージスも

店舗受取なら送料・手数無料!

ワークマン

またね。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー