美の土台

【StretchPole】ストレッチポールが猫背に効果あり。

stretch-pole

週1で加圧ジムに通い始めました。

トレーニングでストレッチポールをよく使います。

初めてストレッチポールを使った時、背中・肩の気持ちよさは衝撃的でした。

エステや美容室ですすめられる商品は、敬遠する非衝動買い派な私。

ジムではストレッチポール購入をすすめられなかったのに自宅用に購入。

買って良かった。

背中・肩の気持ち良さのワケ

仰向けでポールに乗り、少し左右に体を動かす。

わずかな動きが体をリラックスさせ、筋肉の緊張をほぐし、副交感神経を優位に。

日常生活では、とることのない姿勢があの気持ち良さを生んでいます。

仕事も忙しくなく、たいしたストレスも感じていない私。
それでもスマホ・パソコンと前かがみになる日常は筋肉を緊張させているんでしょうね。

かなりのリラックス効果を得られました。

stretch-pole毎日愛用しています。
軽いから女性でも持ち運びしやすい。 自立するので、クローゼットの隅に収納しています。

ストレッチポールの効果は3つ

1つ目は上記にあげた、副交感神経が働くことによるリラックス効果

2つ目は自分の体重がかかることによりアウターマッスルが緩む

3つ目は猫背など歪みがちな背骨・肩を正しい位置へ戻る。

ストレッチポールを使ったトレーニングは多様

寝転がるだけじゃない。

ストレッチポールを購入するとDVDがついてきます。

DVDには7種類の基本トレーニング(胸開きポーズ、膝開きポーズ、対角ポーズ、床みがき運動、つま先バイバイ運動、ゆらゆら運動、クロージング運動)が紹介されています。

慣れてくればyou tubeで「ストレッチポール」と検索するとほぐしたい部位別にトレーニングをみつけることもできます。

私は四十肩(五十肩)になりました。詳細はコチラ

最後まで四十肩(五十肩)によるコリが残ったのは、僧帽筋(肩甲骨の間)と三角筋(肩から二の腕)でした。

ストレッチポールに自分の体重で僧帽筋と三角筋をほぐしました。

 

ストレッチポール使用上の注意

腰痛のある人はストレッチポールを使う際は、主治医に確認が必要。

乗りすぎには注意。1回15分以内の使用に。

自分の体重がかかるので、長く乗りすぎると背骨・骨盤に圧迫痛、関節・筋肉が緩みすぎることによる違和感を感じる可能性があります。

ストレッチポールは円柱形なので、乗る時はお尻から乗りましょう。

降りる時は床へお尻からゴロンと滑り降りましょう。

ストレッチポールの耐久性

加圧トレーナーさんによると、類似品が多く柔らかいものもあるので公式なストレッチポールにするよう勧められました。

EPEが使われています。

EPE・・・発砲ポリエチレン。家電の梱包などの緩衝材に使われる。

だから軽いのにしっかり。

公式ストレッチポールのホームページによると高校の部活動に13年間、様々な体形の生徒達が使っても大丈夫なものもあったそうです。

実際、通っている加圧ジムでも購入から6年経っても買い替えずキレイで程よい硬さのままです。

ポールを包んでいるカバーは合成皮革なので水にも強く、汗がついても大丈夫。
プールサイドでも使用可能。

自宅でできる運動グッズはいくつか持っています。

exercise-goods雨の日などステッパー(グレーの器具)は重宝します。バランスボールはぼーっとテレビを見る時には最適。

 

ストレッチポールが最も利用頻度も多く、良いお買い物でした。

老化にあらがう「はるもえ」でした。

またね。

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

カテゴリー