投資

FX(1)1から調べてみた

FXをイメージしたイラストと記事タイトル

はるもえ
はるもえ
FXはギャンブル性の高い、「よござんすか?丁半そろいました。」ってイメージ。

(これ↑わかります?時代劇などにでてくる賭博のシーン。)

TARO
TARO
確かに。

新型コロナの影響で外出を自粛し、まとまった時間があるのでしっかり調べて確認することに。

 

この記事はこんな人におすすめ

 

FXに興味はあるが知識がない人

 

知識ゼロの私が調べたことを書いています。

 

 

FXとは

 

FXとはForeign Exchangeの略で、日本語にすると外国為替証拠金取引。

はるもえ
はるもえ
日本語にしてもさっぱりわからない。

未来を予想して、2つの国の通貨を売買する金融商品です。

たとえば、今後円安になると未来を予想したら米ドルを買って、円安になれば買った米ドルを売る

 

現在(5月1日)がもし
1米ドル=100円なら・・・日本円で100米ドル買う

100円×100=10,000円(10,000円の支出)

 

予測通り未来が
1米ドル=200円になれば・・・(5月1日に)買った100米ドルを売る

200円×100=20,000円(20,000円の収入。)

 

収入(20,000円)ー支出(10,000円)=利益(10,000円)

 

投資スタイル

 

主に2種類(通貨の売買で利益をえる方法・金利差で利益をえる方法)あります。

通貨の売買で利益をえる方法

 

  1. 安いときに買って、高くなったら売る。
  2. 高いときに売って、安くなったら買う。

 

はるもえ
はるもえ
①は上の「FXとは」のたとえでわかったけど、②がややこしい。
TARO
TARO
売りから始めるのが、なじみないよね。

 

②のたとえ
円高になると未来を予想したら米ドルを売って、円高になれば売った米ドルを買う。

 

はるもえ
はるもえ
持ってない米ドルを借りて、売る。借りたものだから後で買って返す、と考えればわかりやすいね。

 

現在(5月1日)がもし
1米ドル=200円で・・・(借りた)100米ドルを売ったとする

200円×100=20,000円(20,000円の収入)

 

予測通り未来が
1米ドル=100円になれば・・・(5月1日に)売った100米ドルを買うとする

100円×100=10,000円(10,000円の支出。)

 

収入(20,000円)ー支出(10,000円)=利益(10,000円)

 

金利差で利益をえる方法

 

金利は通貨によって異なります。

FXでは金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買うと、金利の差額分を利益として受け取れます。逆に金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買うと、金利の差額分の支払いが発生します。

はるもえ
はるもえ
長く保有する人には有効な投資方法ですね。

 

理解しないといけないことが多い。少しずつ調べていきます。

またね。