http://blogcircle.jp/ping/rcv/29505
投資

NISAとつみたてNISAを比較する。

投資をイメージした画像
はるもえ
はるもえ
うーん
TARO
TARO
めずらしく真剣だね。
はるもえ
はるもえ
NISAとつみたてNISAを比較しているの。
TARO
TARO
どっちもやれば、いいんじゃないの?
はるもえ
はるもえ
NISAとつみたてNISAのどちらかしか利用できないの。
TARO
TARO
 それは、慎重に検討しないといけないね。

 

つみたてNISA

対象商品は、国の基準を満たした長期運用の投資信託のみである。

つまり選択肢が少ない。

投資信託とは、私たちのような投資家から集めたお金を投資信託運用会社に委託する金融システムです。

元本は保証されていません。

投資した金額から、投資信託運用会社へ運用手数料も差し引かれます

購入した投資信託を売りたい場合、確定するタイミングは銘柄により異なります。

海外へ投資していると時差や為替レートの関係で申込日の翌日以降が約定日になることも。 申し込み日の終値で売買され、株式のように指値できないので扱いにくいです。

指値・・・希望する売買価格(買いの場合は上限価格、売りの場合は下限価格)を指定して発注する方法。例えば、株式の売買において、「A株式を500円で1,000株買いたい」とか、「B株式を500円で1,000株売りたい」などといった注文を指値(さしね)注文と呼びます。買い注文は、指定した値段以下の売り注文が出れば約定でき、売り注文は、指定した値段以上の買い注文が出れば約定できます。

出典:SMBC 初めてでもわかりやすい用語集

つみたてNISAはないな。

NISAのみの一択。

NISAと決まったので、証券会社の違いを調べる。

どこの証券会社を利用すればお得なのか、調べてみました。

NISAはほとんどの会社で手数料無料です。

せっかく口座を開くので、のちのNISA以外の取引も考慮しておきたいです。

リアル店舗型の証券会社は手数料が高くなるので、ネット証券から選ぶことに。

SBI証券か楽天証券の2択となりました。

SBI証券

IPOに強いので口座を開く価値があります。

IPO・・・新規公開株のこと。新しく上場する会社の株が抽選で購入できます。

 

楽天証券

楽天スーパーポイントが貯まり、ポイントを活用することもできるので楽天ユーザーならば有効に使えます。

とりあえず、NISA口座を楽天で開くことにしました。

IPOも購入したいので、SBI証券には通常の口座を開きました。

またね。

iDeCoについてはコチラ

ジュニアNISAと学資保険についてはコチラ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

カテゴリー