http://blogcircle.jp/ping/rcv/29505
自己投資

語学学習なら、ソニーのウォークマン(ポータブルオーディオプレーヤー)の一択。

語学学習向けウォークマン
はるもえ
はるもえ
英語学習って、細切れ時間が大事だよね。
TARO
TARO
そうだね。特に社会人はね。
はるもえ
はるもえ
社会人である私が英語学習に使っているものを紹介します。まずは携帯できるオーディオプレーヤー、ソニーのウォークマン!

語学学習が目的なら、ソニーのウォークマンNW-S313で充分。

以前、iPodを使っていました。

スティーブ・ジョブズの伝記にもあったように、iPodは曲にたどり着くまでのボタンを押す回数が1つ少ないのは感覚的にも感じます。

音楽を楽しむだけならiPodも良いですが、語学学習ならウォークマン。

語学学習機能つきウォークマンを推す理由

A-Bリピート再生ができる。

ウォークマン再生画面ウォークマン再生画面

 

語学学習中にこのフレーズをもう一度聞きたい、聞き取れないので何度か再生したいって事ありますよね。

学習素材を再生している画面でOPTIONを押します。

選択画面が表示されます。選択画面が表示されます。

 

ウォークマンの一番下にある▽を押して、語学学習モードを選びます。

語学学習モードを選択した画面語学学習モードを選択した画面

 

▽の真上の丸いボタン(再生・一時停止ボタン)を押して決定。

聞き直したい音声の始まりを▽で選ぶ。

 

A-Bリピート始まりの点にくれば▽を押すA-Bリピート始まりの点にくれば▽を押す

 

聞き直したい音声の終わりを▽で選ぶ。

 

A-Bリピート終わりの点にくれば▽を押すA-Bリピート終わりの点にくれば▽を押す

 

これで繰り返し音声を聞くことができます。

再生地点を3秒前に戻すクイックリプレイもあり。

A-Bリピートほど何度も聞き返したいワケじゃないが、もう一回聞き直したい時に便利。

A-Bリピートのように語学学習モードを選ぶ。

A-Bリピート始まりの点にくれば▽を押すA-Bリピート始まりの点にくれば▽を押す

 

△(A-Bリピートの逆)を選べば、クイックリプレイできます。

 

 

ソニーウォークマンのNW-S 313の大きさ

重さは本体のみだと53g

アノ「じゃがりこ」で60g

大きさは幅44.3 mm、高さ94.6 mm、奥行9.9 mm。

ソニーウォークマンの NW-S 310と一般的大きさのカードソニーウォークマンNW-S 313と一般的大きさのカード

 

コートのポケットに入れていると左右どちらに入れたかわからなくなるぐらいです。

ソニーウォークマンのNW-S 313のその他おもな機能

Bluetoothも付いているのでワイヤレスイヤホンも利用可能。

ブルートゥースの表示ブルートゥースの表示

 

もちろんFMラジオも聴けます。

FMラジオの表示FMラジオの表示

 

ソニーウォークマンのNW-S 313の容量

容量は4GBと少し不安でしたがスピードラーニング1巻から16巻(1巻は約50分ぐらい)がすっぽり。

それでもまだまだ余力があるので、お気に入りの音楽も入れています。

まだいっぱいにはなっていません。

目安としては MPS(音楽の圧縮方法)で1曲4分と換算すると830曲、つまり3320分(約55.3時間)入ります。

語学学習をするならNW-S313で充分です。

デジタルノイズキャンセリング機能(電車内などで周囲の音を打ち消す)オフの時で音楽再生時間は52時間。

オンにした時でも40時間。

私は通勤時間に愛用しています。

ウォークマン入れにしている眼鏡ケース眼鏡ケースに入れて持ち歩いています。

 

語学学習の気分転換も語学学習

こちらも参考にして下さい。⇒【語学学習】 英語の勉強に飽きていませんか?

 

ソニーウォークマンのNW-S 313の付属品

付属品はヘッドホン、イヤーピース2個一組、USB ケーブル、WM PORT キャップ (USB ケーブルを外した時の接続部分を保護するためのもの)。

USBケーブルソニーウォークマンNW-S 310の付属品のUSBケーブル

 

USBケーブルだけでは、充電場所を選ぶ不便さがあったので、ACアダプターを購入しました。

ACアダプター追加で購入したACアダプター

 

 

 

 

USBケーブルにアダプターをつけるこれなら、どこでも充電できます。

 

またね。

 

カテゴリー